ペニス増大サプリの基本となるアルギニン

古くから精を付ける目的でも食されてきたうなぎは、近い目的を持って摂取するペニス増大サプリと、成分面でも似たところがあります。うなぎの体内には数多くのアミノ酸がありますが、その中にはペニス増大サプリとしてなくてはならないアルギニンも含まれています。

アルギニンは数あるペニス増大サプリの基本とも言える成分で、成長ホルモンを分泌したり血流を促進させる一酸化窒素を生み出す手助けをするなどの効果が期待できます。

うなぎをかば焼きにして食すのであれば、一般的には100g程度が多いです。そしてその100g中にアルギニンはおよそ1g、つまり1000mg含まれている目安です。アルギニンが効果を発揮させるためには2000mgから4000mgが良いとされているので、一食でその最低ラインの半分程度が補える計算になります。もちろん有効的な成分を効率的に摂取することを考えてあるのはペニス増大サプリの方なので、食事を楽しむ意味もあるうなぎと優劣をつけるものではありません。

他にも色々な成分が共通

ペニス増大サプリには身体が本来持っている機能をサポートする成分が含まれていることが多く、アルギニン以外のアミノ酸がその代表です。人の身体では生み出すことができない必須アミノ酸を始めとして複数が選ばれやすいですが、その種類の豊富さもうなぎとの共通点です。

必須アミノ酸にはよく名前が知られているバリン・ロイシン・イソロイシンなどを合わせて8あるいは9種類ありますが、その全てがうなぎに含まれています。非必須を含めて20種類ある内の、18を占めるほどの豊富さがうなぎにはあります。したがってペニス増大サプリにアミノ酸が含まれていれば、まずうなぎと共通していると考えて問題ないでしょう。

そしてペニス増大サプリには亜鉛を始めとしたミネラル成分が、サポートの役割としてよく用いられます。そのミネラル面でもうなぎは多くを保有しているので、全ての成分を照らし合わせても大部分が共通しているでしょう。

まとめ

元々うなぎは栄養価の豊富な食材として親しまれてきたものなので、その成分の多さを改めて知っても驚きは少ないかもしれません。そしてペニス増大サプリとの共通部分も多いため、毎日のように食べ続けると似たような効果が出る可能性がないとは言い切れません。

しかしもちろんそのようなことは現実的ではないため、必要な成分が凝縮されたペニス増大サプリを選ぶメリットは十分にあるでしょう。また製品によっては、素材のひとつとしてうなぎが用いられているものもあります。