男性にとってペニスサイズは非常に重要で、サイズが小さいことをコンプレックスに感じている方は多いかと思いますが、そのような方にとって救世主となり得るのがペニス増大サプリです。現在、ペニス増大サプリと呼ばれる商品は様々なものが販売されていますが、多くのペニス増大サプリにはシトルリン・アルギニン・亜鉛の3つの成分が配合されています。

これらの成分は、いずれもペニス増大に効果的とされていますが、サプリに頼ることなく普段の食事から摂取することは難しいのでしょうか。ここでは、シトルリン・アルギニン・亜鉛が豊富に含まれる食べ物について解説していきます。

シトルリンが豊富に含まれる食べ物とは?

シトルリンは、血管を拡張させるNO(一酸化窒素)の生成を促進する効果があるアミノ酸です。血管が拡張するということは、血流が促進されるということなので、陰茎海綿体への血流も良好になるため、男性機能の向上とともにペニス増大効果が期待できます。

また、シトルリンには、動脈硬化の進行を抑制する効果や冷え症やむくみの改善効果、抗酸化作用による美肌効果といった効果も認められています。なお、アミノ酸はタンパク質を構成する成分ですが、シトルリンは通常のアミノ酸とは異なり、タンパク質の構成成分ではない遊離アミノ酸に分類されます。
シトルリンは、もともとスイカから発見されたアミノ酸なので、最も多くのシトルリンが含まれる食べ物はスイカです。

スイカ以外にも、ヘチマ・メロン・冬瓜・ゴーヤ・きゅうりなどのウリ科の植物にも比較的多くのシトルリンが含まれています。ちなみに、ウリ科に含まれるシトルリンは、果肉よりも皮の方が多いとされているため、皮まで食べると効率的に摂取できますが、そのままでは食べにくいスイカの皮は、漬物やピクルスにすると比較的食べやすくなるのでおすすめです。

また、スイカほどではありませんが、クコの実やニンニクといったウリ科以外の食べ物にも、シトルリンは含まれています。

アルギニンが豊富に含まれる食べ物とは?

アルギニンは、シトルリンと同様にNOの生成を促進することで、血流を良好にする効果が得られるアミノ酸です。体内でも生成されるため必須アミノ酸ではありませんが、幼少期においては十分な量のアルギニンが生成できないため、子供に限っては必須アミノ酸とされています。また、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促したり、免疫機能を高めたり、疲労回復を助けたりするなど人間の身体にとって非常に重要な役割も担っています。

アルギニンは、タンパク質を構成するアミノ酸なので、タンパク質が多い肉類や魚介類、大豆製品に多く含まれます。肉類の中でもアルギニンが多いのが、鶏むね肉・鶏もも肉・豚ロース・牛肉・馬肉などです。

魚介類では、エビ・サザエ・マグロ・カツオ・アジなどが挙げられますが、生魚よりもかつお節やするめなどの加工食品の方が多くのアルギニンが含まれています。また、湯葉(乾燥)・高野豆腐(乾燥)・納豆・豆腐などの大豆製品や、ピーナッツ・くるみ・アーモンド・カシューナッツなどのナッツ類にもアルギニンが豊富に含まれています。

このように、アルギニンが含まれる食べ物は様々なものがあるため、ペニス増大サプリに頼るだけでなく、日々の食事の中に効果的に取り入れましょう。

亜鉛が豊富に含まれる食べ物とは?

亜鉛は、人間の身体に必要不可欠な必須ミネラルのひとつです。効果的に摂取することで、味覚を正常に保つ働き・抗酸化作用・免疫力の向上・新陳代謝の活性化などの効果が得られるとされています。なお、亜鉛はペニス増大に直接関係しているわけではありません。

ただし、亜鉛を摂取することで男性機能の向上を図ることができ、主に精子量の増加や勃起力の向上などの効果が期待できます。

亜鉛が豊富に含まれる代表的な食品は牡蠣ですが、レバー類・牛肩ロース・牛もも肉などの肉類や、ホタテ・しじみ・ウナギといった魚介類、高野豆腐や納豆などの大豆製品などにも比較的多くの亜鉛が含まれています。その他にも、プロセスチーズ・カシューナッツ・アーモンドなどでも亜鉛が摂取できます。

亜鉛は日常の食事だけでは不足しがちな成分ですが、ペニス増大サプリなどで摂取する場合は過剰に摂取しないように注意しましょう。亜鉛を1日に2g摂取すると、急性中毒により吐き気・食欲不振・下痢などを起こす可能性があります。また、長期にわたって過剰摂取が続くと、鉄や銅の吸収が阻害されることで鉄欠乏や銅欠乏に陥り、貧血・免疫障害・消化管過敏症・HDLコレステロールの低下などを招く恐れがあるため注意が必要です。

まとめ

ペニス増大サプリの成分として使用されることが多いシトルリン・アルギニン・亜鉛は、いずれも日々の食事から摂取できる栄養素です。しかし、乱れた食生活をしている場合は、これら3つの栄養素は不足している恐れがあります。また、たとえバランスが整った食事を心がけていたとしても、食事から摂取できる量ではペニス増大が期待できない可能性が高いです。

そのため、ペニスサイズがコンプレックスの方は、日々の食生活にシトルリン・アルギニン・亜鉛が含まれる食べ物を取り入れるとともに、ペニス増大サプリも活用すると良いでしょう。